代表プロフィール

竹之内 奏(たけのうち かな)

  • 日本知育音楽芸術協会代表理事
  • プロジェクトSPICA代表
  • こどもミュージカルSPICA主宰
  • 奏せんせいの音楽教室主宰

2歳より母の手ほどきでピアノを始める。京都市立音楽高等学校(現 京都堀川音楽高等学校)卒業

愛知県立芸術大学音楽学部作曲専攻作曲科卒業。幼少の頃より、数々のピアノコンクールで受賞歴を持つ。

 

2003年フランスにて音楽療法・ソルフェージュを学ぶ。

同年、オーストリア、ウィーンにて地元オーケストラとピアノ協奏曲を共演。

2004年こどもミュージカル企画「スピカ」を立ち上げ指導、企画演出、脚本、作詞作曲などを手がける。

同年、「奏せんせいの音楽教室」を立ち上げ、幼児から音大受験生までのリトミック、ピアノ、ソルフェージュ、音楽理論、絶対音感教育を研究。

同時に、大手幼児教室にて勤務し、乳幼児の為の知育クラスから小学校受験クラスまでを担当し、音楽だけではなく知育・幼児教育の研究も進める。

2007/2008年の日本クラシック音楽コンクール管打楽器部門、ピアノ部門審査員を担当。

現在、作曲・編曲の他、器楽、室内楽のピアノ伴奏など愛知県を中心にフリーで活動中。愛知県を中心にソロリサイタル、ジョイントコンサートを開催。

2016年こどもの為の音楽企画「プロジェクトSPICA」を立ち上げ、コンサートホールだけでなく各種イベントホールやショッピングモール、野外など様々な場所でこども向けのコンサートのプロデュースを年間100件以上手掛ける。

これまでにピアノを田中美鈴、水野紀子、ヴァレリア・セルバンスキー、作曲を小林聡、野平一郎、林達也、アーノルド・パーシュの各氏に師事。